• i-te-mo-372

鳥獣戯画

注ぎ染め てぬぐい
このてぬぐいは、伝統的な、注ぎ染めにより一枚一枚丁寧に作られたものです。
手染めならではの味わいをどうぞお楽しみください。
宮染の由来
江戸末期の頃、真岡木綿(現在の真岡市で織られた木綿地)が盛んになり、その木綿地を染めるために宇都宮市内を流れる田川沿いに染物職人が集まり袢纏等を染めるようになったのが始まりです。
その後、注染(ちゅうせん)という技法が生まれ浴衣や手拭いを一枚ずつ丁寧に染め上げてゆくようになりました。 
宇都宮に流れる田川を中心に栄えた染物を総称して「宮染・みやぞめ」と名付けられたのです。

・お手入れ方法
この製品は手染めの為お使い始めに汗や摩擦で色が移る事がありますのでご注意ください。
お洗濯は単独でたっぷりの水で手洗いして陰干しして下さい。
また、漬け置や濡れたままの放置はおやめ下さい。
何度か洗ううちに徐々に色落ちはなくなります。

※写真の色は、ご覧のモニターにより実際の色や明るさ等と異なって見える場合が あります。ご了承下さい。

素材 綿100%
サイズ 約34cm×95cm
注ぎ捺染め(宮染)
ブランド 中川染工場


販売価格(税別)
¥1,000
在庫状態
売り切れ
売り切れ

こちらもおすすめします

i-te-mo-705
¥1,600
i-te-mo-834
¥1,000