• i-te-mo-821

ぽち袋七夕

小さくてかわいいぽち袋。
そこに織姫と彦星、笹飾り、天の川など七夕のモチーフを描きました。
七夕に素麺を食べる習慣は、中国の故事に
「7月7日に索餅(そうさい:素麺の元になったもの)を供えると無病息災によい」
という言い伝えがあり、それが日本にも伝わって、
七夕に索餅を供えるようになったといわれています。

手ぬぐいとしての使用はもちろん、額に入れたりタペストリーとしてもお使いいただけます。
※写真の色は、ご覧のモニターにより実際の色や明るさ等と異なって見える場合があります。ご了承下さい。

本品は、職人が手で染める「注染」という技法で染め上げたています。
大阪で生み出されたこの技法で染めた製品は風合いがとても
よく、洗うたびに色合いは柔らかさを増し、肌触りもよくなります。
ご使用上の注意
洗濯の際は、他のものと一緒に洗わないでください。濡れたままでの放置はしないでください。合成洗剤や蛍光増白剤、漂白剤は使用しないでください。洗濯後は形を整えて陰干ししてください。また洗濯後は多少の縮があります。

素材 綿100% 日本製
サイズ 約37cm×90cm
ブランド にじゆら


販売価格(税別)
¥1,600
在庫状態
在庫有り
数量

こちらもおすすめします