• i-te-mo-201

蕎麦ちょこ (ソバチョコ)

縄文時代に栽培が始まったそばは、鎌倉~室町時代の文献にはさかんに登場し、この頃にはあいされる食べ物となっていた。

「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる技法で染められています。 職人さん達の手で染められた手ぬぐいです。
手ぬぐいとしての使用はもちろん、額に入れたりタペストリーとしてもお使いいただけます。

※写真の色は、ご覧のモニターにより実際の色や明るさ等と異なって見える場合が あります。ご了承下さい。

素材 綿100%
サイズ 約34cm×92cm
ブランド カヤ


販売価格(税別)
¥1,000
在庫状態
在庫有り
数量

こちらもおすすめします

i-te-mo-322
¥1,200
i-te-mo-212
¥1,000