• i-te-mo-444

両子持縞

幾何模様の一つ。直線や曲線での表現で、経・緯・経緯縞(格子)の三種類がある。古来、日本では縞のことを筋と呼び、渡来品の筋もの(桟留縞・べんがら縞等)は「島もの」と呼び区別し、現代の縞という字をあてた。また、間道とも呼ばれ、これは中国渡来の広東錦が多く縞ものに織られていたことから広東が訛って間道と呼ばれるようになった。この縞は太い縞の両脇に細い縞を添えた模様。 

「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる技法で染められています。 職人さん達の手で染められた手ぬぐいです。
手ぬぐいとしての使用はもちろん、額に入れたりタペストリーとしてもお使いいただけます。

※写真の色は、ご覧のモニターにより実際の色や明るさ等と異なって見える場合が あります。ご了承下さい。

素材 綿100%
サイズ 約37cm×98cm
ブランド 戸田屋商店


販売価格(税別)
¥1,200
在庫状態
売り切れ
売り切れ

こちらもおすすめします

i-te-mo-55
¥1,000
i-te-mo-427
¥800
i-te-mo-209
¥1,000